SNSにかれた悪口わるくち 14けんすことができた

Article header image
今年ことしがつ、プロレスの選手せんしゅ女性じょせいくなりました。警察けいさつは、女性じょせいがインターネットのSNSにいてあった悪口わるくちなやんで、自殺じさつしたとかんがえています。 セーファーインターネット協会きょうかいは6がつわりに、SNSに悪口わるくちかれてなやんでいるひとがウェブサイトで相談そうだんできるようにしました。はじめてから2週間しゅうかんぐらいで、280けん相談そうだんがありました。 協会きょうかい調しらべると、このなかの44けんは、だれ悪口わるくちかみんなにわかるようにいたり、うそをいたりしていました。このため、協会きょうかいはSNSの会社かいしゃなどに悪口わるくちすようにいました。会社かいしゃなどは14けん悪口わるくちしました。 協会きょうかいは「悪口わるくちかれたひとではなくて協会きょうかいったほうが、悪口わるくち会社かいしゃおおいようです。この問題もんだいなやんでいるたくさんのひとに、協会きょうかい相談そうだんできることをってほしいです」とはなしています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore