コロナウイルスで「川崎病かわさきびょう」のようになったどもがいる

Article header image

あたらしいコロナウイルスがうつったあとなどに、からだ血管けっかん炎症えんしょうこる「川崎病かわさきびょう」のようになるどもが日本にっぽんにもいたことがわかりました。どもの病気びょうき川崎病かわさきびょう専門せんもんの2つの学会がっかい発表はっぴょうしました。 ヨーロッパとアメリカではコロナウイルスがひろがったあと、川崎病かわさきびょうとはちがう「小児しょうに多系統たけいとう炎症性えんしょうせい症候群しょうこうぐん」になって、下痢げりをしたりねつ発疹はっしんたりするどもがいました。日本にっぽんどもたちも、これとおなじだとかんがえられています。 2つの学会がっかいは、どもたちは治療ちりょうでよくなっていて、心配しんぱいしすぎることはないとっています。そして、どもや家族かぞくにコロナウイルスがうつった場合ばあいは、なん週間しゅうかんどもの下痢げりねつ発疹はっしんをつけてほしいとっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore