かけなくなって筋肉きんにくすくなくなったひと 熱中症ねっちゅうしょう心配しんぱい

Article header image

熱中症ねっちゅうしょう専門せんもん医者いしゃ看護師かんごしなどの団体だんたいが、あたらしいコロナウイルスの問題もんだいかけなくなったひとは、熱中症ねっちゅうしょうをつけるようにっています。 ひと筋肉きんにく水分すいぶんをためています。しかし、運動うんどうりなくて筋肉きんにくすくなくなると、からだ水分すいぶんりなくなって熱中症ねっちゅうしょうになる心配しんぱいたかくなります。脂肪しぼう筋肉きんにくより水分すいぶんすくないので、かけなくなってふとったひとは、をつけることが必要ひつようだとっています。 熱中症ねっちゅうしょうにならないように、いまから運動うんどうして、あつさにれておくことが大切たいせつです。大人おとなは1週間しゅうかんに2かい、30ぷんくらいあせ運動うんどう必要ひつようです。 団体だんたい医者いしゃは「今年ことしは、ながあいだかけることができなくなっているので、あつさにれていないひとおおいです。からだをつけながら運動うんどうをしてほしいとおもいます」とはなしています。 熱中症ねっちゅうしょうについては、したのページにもいてあります。 https://www3.nhk.or.jp/news/easy/article/disaster_heat.html

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore