パキスタンの男性だんせい裁判さいばんつま病気びょうきでも日本にっぽんからなさい」

Article header image
パキスタンじんのモハメド・サディクさんは1988ねん日本にっぽんました。しかし2007ねん、サディクさんは日本にっぽんにいるための資格しかくがなくて法律ほうりつ違反いはんしているので、日本にっぽんからるようにわれました。サディクさんは「パキスタンにかえったら、がんになったつま世話せわができないので、日本にっぽんにいたいです。パキスタンにいたとき政府せいふ反対はんたいするデモをしていたので、いのちあぶないです」とっていました。 今月こんげつ12にち、サディクさんの裁判さいばんがありました。東京高等裁判所とうきょうこうとうさいばんしょは「法律ほうりつ違反いはんして日本にっぽんにいるあいだ結婚けっこんしたので、かえりたくなくても我慢がまんしなければなりません。つま病気びょうき日本にっぽんにいる理由りゆうになりません」といました。 裁判さいばんのあと、サディクさんは「病気びょうきつまのために日本にっぽんにいたいです。刑務所けいむしょはいることになっても、パキスタンにはかえりません」とはなしました。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore