スーパーでれなくててるものをなくすための実験じっけん

Article header image
スーパーのイトーヨーカどうは、みせれなくてててしまうものをなくすための実験じっけんくになどとはじめました。 実験じっけんでは、おなものでもつくってからどのくらい時間じかんぎているかで4つにけて、きゃくにわかるようにちがうシールをります。そして、つくってからの時間じかんながくなったものやすくします。きゃくやすものってもらって、もののこらないようにできるか調しらべます。東京都とうきょうと墨田区すみだくにあるみせで、パンや豆腐とうふ、デザートなど16のものについて実験じっけんしています。 イトーヨーカどうひとは「いままでもできるだけ全部ぜんぶれるようにしていましたが、のこってしまいました。おきゃくさんにも協力きょうりょくしてもらって、てるものすくなくしたいです」とはなしています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore