湿度しつどひくいほうがウイルスがうつりやすい」富岳ふがく計算けいさん

Article header image

神戸市こうべしにある理化学研究所りかがくけんきゅうしょなどのチームが、スーパーコンピューターの「富岳ふがく」を使つかって、くちからつばひろがりかた計算けいさんしました。あたらしいコロナウイルスはつばでうつります。 仕事しごとをする部屋へやはなしをするとき、湿度しつどひくいと、つばきりのようにひろがりやすくなることがわかりました。湿度しつどが90%のときとくらべて、30%のときは、1.8mまえせきすわっているひとに、つばが3ばいおおくかかりました。 チームのひとは、部屋へや湿度しつどたかくするとあたらしいコロナウイルスがうつりにくくなることをたしかめることができたとっています。 グループで食事しょくじをするときのつばひろがりかた調しらべました。まえすわったひとよりとなりすわったひとつばが5ばいおおくかかりました。チームのひとは、となりすわると、ウイルスがうつる危険きけんたかくなるとっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore