すしのようないし「いただきます」

Article header image

静岡県しずおかけん富士宮市ふじのみやしにあるいし博物館はくぶつかんで、すしのようないし紹介しょうかいしています。 この作品さくひんは、今年ことし美術びじゅつ大学だいがく卒業そつぎょうした濱平はまひら茉莉まりさんがつくりました。いしけずったりみがいたりして、「おおとろ」などのすしにえるようにしました。作品さくひんは50ぐらいあって、できるまでに1ねんぐらいかかりました。「赤御影石あかみかげいし」といういしがまぐろの刺身さしみのようにえたため、濱平はまひらさんは作品さくひんつくはじめたとっています。 いしおとこは「本当ほんとうのすしのようです。すしがべたくなりました」とはなしていました。博物館はくぶつかんひとは「この作品さくひんて、いしのおもしろさをってほしいです」とはなしていました。 すしのようないしは8がつ31にちまでることができます。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore