マスクをしても50cmよりちかくではなすとうつる危険きけんがある

Article header image
神戸市こうべしにある理化学研究所りかがくけんきゅうしょは、新型しんがたコロナウイルスについて、はなしているときのつばひろがりかたをスーパーコンピューター「富岳ふがく」を使つかって調しらべています。 オミクロンかぶが、デルタかぶの1.5ばいうつりやすいとかんがえて計算けいさんをしました。オミクロンかぶがうつっているひととマスクをして15ふんはなしたとき、1m以上いじょうはなれていたらウイルスはほとんどうつりません。しかし50cmよりちかいと14%ぐらいうつることがわかりました。 マスクをしないと1mで60%、50cmではほとんど100%うつりました。はなすときはマスクが必要ひつようです。 研究けんきゅうチームは「学校がっこう授業じゅぎょうなどはマスクをして十分じゅうぶんはなれていたらあまりうつりません。やす時間じかんみじかくしてみんなが一緒いっしょやすまないようにすることもいい方法ほうほうです」とっています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore