いちばんあついとき あつさにけないためにをつけること

Article header image

日本にっぽんいま、1ねんでいちばんあつ季節きせつです。8日ようかには、岐阜県ぎふけんで40℃以上いじょうになりました。 あつは、熱中症ねっちゅうしょうをつけなければなりません。まず、大切たいせつなのはみずむことです。のどがかわいていなくても、みずんでください。たくさんあせたときには、スポーツドリンクなどで塩分えんぶんることが必要ひつようです。 いちばんおお熱中症ねっちゅうしょうになるのはいえなかです。部屋へや温度おんどが28°C以上いじょうにならないように、エアコンを使つかってすずしくしてください。よるもエアコンをつけたままにして、よくることが大切たいせつです。 お年寄としよりはあつさをかんじにくいため、家族かぞくまわりのひと電話でんわなどで、エアコンをつけているかどうかチェックしてください。 どもをて、たくさんあせているときや、かおあかいときは、すずしいところやすませましょう。大人おとなをつけてください。 熱中症ねっちゅうしょうについては、したのページにもいてあります。 https://www3.nhk.or.jp/news/easy/article/disaster_heat.html

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore