火事かじけた首里城しゅりじょうの「正殿せいでん」を6ねんあたらしくてる

Article header image

沖縄県おきなわけん那覇市なはしにある首里城しゅりじょうは、去年きょねん10がつ火事かじで「正殿せいでん」などの建物たてものけました。政府せいふ会議かいぎひらいて、いまから6ねんの2026ねんまでに正殿せいでんあたらしくてる計画けいかくめました。 計画けいかくによると、今年ことしから設計せっけいおこなって、2022ねんには工事こうじはじめます。たことをらせるためのいちばんあたらしい機械きかいや、すためのスプリンクラーをつけます。建物たてものには日本にっぽんのヒノキを使つかって、このほかに沖縄県おきなわけんむかしからあるもできるだけ使つかいます。 政府せいふすが官房長官かんぼうちょうかんは「首里城しゅりじょう沖縄県おきなわけんひとがとても大切たいせつおもっているすばらしい建物たてものです。首里城しゅりじょうあたらしくてるために、沖縄県おきなわけんひとたちと一緒いっしょ頑張がんばりたいとおもいます」とはなしました。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore