パラリンピック ボッチャではじめて日本にっぽん選手せんしゅきんメダル

Article header image

東京とうきょうパラリンピックで9がつ1日ついたち、ボッチャの決勝戦けっしょうせん杉村すぎむら英孝ひでたか選手せんしゅました。 ボッチャは、からだうごかすことに障害しょうがいがあるひとのためにつくったスポーツです。ボールを6ずつげて、しろいボールのちかくに自分じぶんのボールをおおいたほうがちます。 杉村すぎむら選手せんしゅ障害しょうがいかるいクラスで、決勝戦けっしょうせんはタイの選手せんしゅ試合しあいをしました。タイの選手せんしゅまえのパラリンピックできんメダルをっています。杉村すぎむら選手せんしゅ最初さいしょから最後さいごまでしろいボールのちかくに正確せいかくげました。そして、5−0でって、きんメダルをりました。ボッチャで日本にっぽん選手せんしゅきんメダルをったのははじめてです。 杉村すぎむら選手せんしゅは「からだつよくすることや技術ぎじゅつなど、いままでいろいろな努力どりょくをしました。大好だいすきなボッチャをたのしむことができました」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore