シーラカンス ふかうみなかおよぐところをビデオにった

Article header image

シーラカンスは、4おくねんまえ化石かせきとほとんどおなかたちをしているさかなで、「きた化石かせき」とばれています。アフリカとインドネシアのちかくのうみにいますが、とてもふかところにいてかずすくないため、くわしいことがわかっていません。 日本にっぽん調査ちょうさチームは、2018ねんみなみアフリカのちかくのふかやく100mのうみなかにビデオカメラをきました。ビデオを6日むいかると、シーラカンスが30ぷんぐらいうつっていました。 シーラカンスは背中せなかにあるおおきなひれをたたんでおよいでいましたが、サメがちかくにるとひれをてました。チームのひとは、ストレスがないときはひれをたたんでいることがわかったとっています。いままでは、よる活動かつどうするとかんがえられていましたが、ひる活動かつどうしていることもわかりました。 チームのひとは「いつもおおきなひれをてているとおもっていたので、めずらしいビデオをることができました」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore