よるでも「おはようございます」

Article header image

あいさつは通常つうじょうあさはおはようございます、ひるはこんにちは、よるはこんばんは、が一般いっぱんてきです。

でも、どんな時間じかんでもいつでも「おはようございます」を使つか仕事しごとがあります。

それは、テレビや、イベント関係かんけい仕事しごと人達ひとたちです。

どうしてなのでしょうか?

この文化ぶんかは、歌舞伎かぶき世界せかいからはじまりました。

歌舞伎かぶき舞台ぶたい公演こうえんいちにちかいおこなわれており、そのとき使つかわれていたようです。

出番でばんまえ練習れんしゅうのために、はや役者やくしゃさんに、スタッフが「おはやいおき、ご苦労くろうさまです」という言葉ことばからはじまったのだそうです。

「おはようございます」は、いちにちはじまりのあいさつです。

よるからはたらひとは、よるからその仕事しごとはじまります。
なので、「おはようございます」とあいさつします。


東京とうきょうねむらないまちです。

いつも、どこかで、だれかが「おはようございます」とって仕事しごとはじめているのです。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore