コロナウイルス 「あたらしく変化へんかしたデルタかぶ」がつかる

Article header image

あたらしいコロナウイルスにはいろいろな種類しゅるいがあって、いまは「デルタかぶ」がひろがっています。デルタかぶは、最初さいしょひろがったウイルスよりひとにうつるちからつよくなっています。 東京医科歯科大学とうきょういかしかだいがくのグループは、「デルタかぶ変化へんかしてできたあたらしいデルタかぶ」が日本にっぽんはじめてつかったと発表はっぴょうしました。このようなあたらしいデルタかぶつかったという発表はっぴょう世界せかいで8かいだけです。 日本にっぽんつかったあたらしいデルタかぶは、日本にっぽんなか変化へんかしたとグループはかんがえています。あたらしいデルタかぶのうつるちからについてはまだわかっていません。 グループは「ウイルスがひろがると、日本にっぽんなかでもどんどん変化へんかする可能性かのうせいがあります。できるだけひろがらないようにすることが必要ひつようです」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore