奈良県ならけんてらでとてもながつづいている行事ぎょうじ蛙飛かえるとび」

Article header image

奈良県ならけん吉野町よしのちょうにある金峯山寺きんぷせんじというてらで、何百なんびゃくねんつづいている「蛙飛かえるとび」がありました。この行事ぎょうじは、やま仏教ぶっきょう修行しゅぎょうをしているひと失礼しつれいなことをって、かえるになってしまったおとこはなしつたえています。おとこ修行しゅぎょうをして、ひともどしてもらいます。 てらでは7日なのかみどりいろおおきなかえる格好かっこうをした男性だんせい舞台ぶたいうえんだあと、おぼうさんのまえあやまりました。おぼうさんは「ひともどっても、感謝かんしゃ気持きもちをわすれてはいけません」といました。そして、おぼうさんがおきょうむと、かえるひともどりました。 三重県みえけんからひとは「はじめてました。かえるうごかたがかわいくて、おもしろかったです」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore