45かい優勝ゆうしょうした横綱よこづな白鵬はくほう力士りきしをやめる

Article header image

大相撲おおずもう横綱よこづな白鵬はくほう力士りきしをやめました。 モンゴル出身しゅっしん白鵬はくほうは、15さいのときに日本にっぽん相撲すもうはじめました。いままででいちばんながい14ねん横綱よこづなでした。優勝ゆうしょうは45かいった試合しあいは1187かいで、どちらもいままででいちばんおおいです。 白鵬はくほう1日ついたち記者きしゃはなしをしました。白鵬はくほうは「ひざのけがで2かい手術しゅじゅつけましたが、よくなりませんでした。7がつ力士りきしをやめることをめました」とはなしました。 そして、相撲すもう頑張がんばったやく20ねんについて「はやかったとおもいます。相撲すもう大好だいすきでしあわせでした。一生懸命いっしょうけんめいおにのようになってつことが横綱よこづなだとかんがえていました」とはなしました。 白鵬はくほうは、これからわか力士りきしそだてていきます。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore