過労死かろうし「Karōshi」

Article header image
日本にほんでは、「過労かろう」という言葉ことばがあります。
これは、日本にほんどくとくの言葉ことばで、ほか言語げんごにはありません。
みなさんは、この言葉ことば意味いみってますか?
これは、はたらきすぎてんでしまうことです。
なが時間じかんはたらくことにより、ストレスがたまり、からだ支障ししょうて、とうとうんでしまうのです。
2007ねんに、日本にほん過労かろう件数けんすうは392けんでした。
そこからつづけていますが、2018ねんでも、238けんありました。
ふつう、病気びょうきになったら仕事しごとやすんだらいいとかんがえますが、「からだこわしてもはたらくのは、一生懸命いっしょうけんめいがんばっている証拠しょうこ」と、間違まちがったかんがえをっているひと日本にほんにはまだおおくいます。
残業ざんぎょうを ”いいこと” とかんがえる会社かいしゃがまだたくさんあります。
よるおそくまで会社かいしゃのこっているひとに「えらいね」とこえをかけるひとがいます。
子供こどもがいるのではやかえひとに「さぼってる」とおこひとがいます。
風邪かぜをひいてやすむひとに「からだよわいのがわるい」というひとがいます。
そういう人達ひとたちや、社会しゃかいが、過労かろうという言葉ことばむのです。
日本にほんだけではなく、中国ちゅうごく韓国かんこくでも、そういったことはあります。
とてもかなしいことです。
自分じぶんからだやすめる時間じかんきなひとごす時間じかんがとても大切たいせつだということを、わたしたちはまなばなければいけません。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore