コロナウイルスがうつっていえやすむときにをつけること

Article header image

東京都とうきょうとでは、あたらしいコロナウイルスがうつったあと、病院びょういんではなくていえやすんでいるひとえています。17にちには9000にん以上いじょうになりました。NHKが調しらべると、関東かんとうではいえやすんでいてくなったひとが、18にちまでに7にんいました。 NHKは、いえやすむときにをつけることを国際こくさい医療いりょう福祉ふくし大学だいがく松本まつもと哲哉てつや先生せんせいきました。松本まつもと先生せんせいは「くちびるあおくなったり、いきくるしくなったりしていないかチェックしてください。ゆびにつける機械きかいで、からだ酸素さんそ調しらべることもやくちます。からだ具合ぐあいわったときはすぐ保健所ほけんじょ連絡れんらくして、入院にゅういんできない場合ばあい救急車きゅうきゅうしゃんでください」とはなしました。 そして、「家族かぞくかおいろてもらったり、電話でんわはなしたりして、自分じぶんからだ具合ぐあいることが大切たいせつです」とはなしました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore