ウミガメがべたものからマスクがてきた

Article header image
東京とうきょう農工のうこう大学だいがくなどのグループは15ねんぐらいまえから、岩手県いわてけんうみでウミガメについて調しらべています。グループは去年きょねん8がつあみはいったアオウミガメのべたものにマスクがあるのをつけました。 マスクはたて9cm、よこ14cmぐらいの不織布ふしょくふのマスクで、ひもがいていました。ウミガメがべたものから不織布ふしょくふのマスクがつかったのははじめてです。 ごみをひろっているグループは、新型しんがたコロナウイルスがうつるひとえてから海岸かいがんててあるマスクがおおくなったとっています。 東京とうきょう農工のうこう大学だいがくひとは「ウミガメはなんでもくちれてんでしまうので、マスクをもの間違まちがえたのだとおもいます。不織布ふしょくふのマスクにもプラスチックがはいっています。動物どうぶつべたりしないようにただしくかたづけることが大事だいじです」とはなしています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore