シロウオりょうさかんな季節きせつ 熊本県くまもとけん天草あまくさ

Article header image
熊本県くまもとけん天草あまくさうみちかかわでは、毎年まいとしいまごろ、シロウオというちいさいさかなむかしおなじやりかたります。たまごむためにかわかえってくるので、たくさんることができます。 シロウオのりょうは、かわなかさかなとおりやすいみちつくって、そのなかたてよこが2mのおおきさの「あみ」というあみれます。そしてかわをよくながらシロウオがはいってくるとすぐにあみげます。 ったシロウオはまちさかななどでっています。きているさかなをそのままべる「おどりい」をしたり、てんぷらにしたりしてべます。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore