かずすくないニホンライチョウ 中央ちゅうおうアルプスであかちゃんがまれる

Article header image

くに特別とくべつ天然記念物てんねんきねんぶつ「ニホンライチョウ」というとりは、長野県ながのけんなどのやまんでいます。かずすくなくて、将来しょうらいいなくなる心配しんぱいがあります。中央ちゅうおうアルプスにはいなくなったとかんがえられていましたが、3ねんまえめすが1つかりました。 環境省かんきょうしょう中央ちゅうおうアルプスでライチョウをやすために、去年きょねんきたアルプスにんでいた19中央ちゅうおうアルプスにうつしました。調しらべると、中央ちゅうおうアルプスで5つのつかって、3くみのライチョウがたまごあたためていることがわかりました。そして今年ことし7がつはじめに、3つので20あかちゃんがまれました。 中央ちゅうおうアルプスではやく50ねんあいだ自然しぜんなかあかちゃんがまれていませんでした。環境省かんきょうしょうは「とてもうれしいことです。あかちゃんがおおきくなるまで、しっかりそだてていきたいとおもいます」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore