初詣はつもうで

Article header image

初詣はつもうでは、新年しんねんに、おてら神社じんじゃ新年しんねんのご挨拶あいさつくという行事ぎょうじです。

年明としあけから1週間しゅうかん以内いないくらいに参拝さんぱいきます。

新年しんねんにおてら神社じんじゃくと、おおくのひと参拝さんぱいていて、出店でみせがでているところもあり、とてもにぎやかです。

おみくじをいたり、絵馬えまいたりするのもいいですね。

おみくじをいたあと、おみくじのかみ境内けいだいむすんでいるひとがいます。
これは、おみくじの内容ないよう本当ほんとうかないますように、といのるという意味いみや、わる結果けっかだった場合ばあい神様かみさまほとけさまのご加護かごねがうという意味いみがあります。

絵馬えまは、絵柄えがらかれたいたで、うらねがいをくものです。

神社じんじゃやおてらくと、たくさんのひと絵馬えまねがごといています。

とくに、受験じゅけんときなど、学生がくせいが「〇〇学校がっこうかりますように」、といったねがいをおおいています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore