コロナでこまっている舞台ぶたい映像えいぞうることができるサイト

Article header image

あたらしいコロナウイルスの問題もんだいで、げきおどりなどを舞台ぶたいせる団体だんたい収入しゅうにゅうってこまっています。このような団体だんたいたすけるために、文化庁ぶんかちょうがおかねして、げきなどの映像えいぞうあつめて、インターネットでせるウェブサイトができました。 げきおどり、伝統的でんとうてき芸能げいのうの3つの分野ぶんやがあります。1960ねんごろから最近さいきんのものまで1283の作品さくひんあつまりました。 6がつまでに280の作品さくひんが「EPAD」というサイトでることができるようになります。作品さくひんるときにはらうおかねは、団体だんたい収入しゅうにゅうになります。 早稲田大学わせだだいがく演劇えんげき博物館はくぶつかんのサイトからも作品さくひんをさがしたり、舞台ぶたい写真しゃしんなどをたりすることができます。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore