フィギュアスケートの羽生はにゅう選手せんしゅ震災しんさいから10ねんでコメント

Article header image

東日本大震災ひがしにほんだいしんさいから10ねんぎた11にち、フィギュアスケートの羽生結弦はにゅうゆづる選手せんしゅがコメントをしました。 羽生はにゅう選手せんしゅ震災しんさいのとき宮城県みやぎけん仙台市せんだいしんでいました。いえこわれたため、しばらく避難所ひなんじょ生活せいかつしました。そして、震災しんさい被害ひがいがあったところってどもたちと交流こうりゅうしてきました。 コメントのなか羽生はにゅう選手せんしゅは「10ねんぎたのかという気持きもちと、たしかにぎたという気持きもちがあります。みなさんと交流こうりゅうしたことや、笑顔えがおなやみやくるしみをかんじたことは、こころなか宝物たからものです」といています。 羽生はにゅう選手せんしゅは「簡単かんたんうことができない言葉ことばですが、自分じぶんはこの言葉ことば意味いみをいちばんっているとおもいます」といたあと、震災しんさい大変たいへんだったひとたちに「頑張がんばってください」という言葉ことばおくりました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore