東京とうきょうパラリンピック 聖火せいかをつけるしきはじまる

Article header image

12にち東京とうきょうパラリンピックの聖火せいかをつけるしきはじまりました。パラリンピックの聖火せいかは、みんなが一緒いっしょきる社会しゃかいにしたいという気持きもちをめて、日本にっぽんの880以上いじょう場所ばしょでいろいろな方法ほうほうをつけます。 島根県しまねけん雲南市うんなんしでは、障害しょうがいがある選手せんしゅむかし道具どうぐ使つかってをつけました。山形市やまがたしでは、1200ねんぐらいつづけているとわれているてらをつけました。 17にちからは、競技きょうぎおこなう3つのけん東京都とうきょうと聖火せいかリレーをおこな予定よていでした。千葉県ちばけん埼玉県さいたまけん東京都とうきょうとではあたらしいコロナウイルスがひろがっているためリレーを中止ちゅうしすることをめて、をつけるしきおこないます。 20日はつかには、パラリンピックをはじめたイギリスでつけたと、日本中にほんじゅうでつけたあつめるしき東京都とうきょうとおこないます。24日にじゅうよっか開会かいかいしきで1つにあつめた聖火せいかだいにつけます。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore