2030ねん 電気でんき太陽たいようひかりからつくるといちばんやす

Article header image

くには、2030ねん発電所はつでんしょあたらしくてたとき、1kWhの電気でんきをつくるのにかかるおかね計算けいさんしました。 太陽たいようひかりからつくると8えんから11えん原子力げんしりょくでは11えん以上いじょうかかります。火力かりょく場合ばあい、LNGというガスでは10えんから14えん石炭せきたんでは13えんから22えんです。 6ねんまえ計算けいさんでは原子力げんしりょくがいちばんやすくなりましたが、安全あんぜんのためのおかねがかかるようになって、1えん以上いじょうたかくなりました。 太陽たいようひかりは、4えんぐらいがっていちばんやすくなりました。電気でんきをつくるためのパネルがやすくなったからです。原子力げんしりょくよりやすくなるのははじめてです。 しかし、太陽たいようひかりからつくる電気でんきりょう天気てんきわります。りょうすくないときは、火力かりょく電気でんきをつくることが必要ひつようですが、そのおかね計算けいさんはいっていません。このため、くに電気でんきをつくること以外いがいにかかるおかねについてもかんがえることにします。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore