熱中症ねっちゅうしょうにならないようにどもはあつくなったらマスクをろう」

Article header image
今年ことしあたらしいコロナウイルスの問題もんだい学校がっこうやすみになったため、あつなつにも授業じゅぎょうをしている学校がっこうがたくさんあります。小児科しょうにか医者いしゃ団体だんたいは、どもが学校がっこうでマスクをするとき熱中症ねっちゅうしょうにならないように、をつけることをいました。 学校がっこうくときやかえるとき、ひとおお場所ばしょではマスクをします。しかし、あつくなったりくるしくなったりしたら、すぐにマスクをります。ひとすくない場所ばしょではマスクをしません。 友達ともだちあるいているときはおおきいこえさないことや、友達ともだちかおまえはなさないことも大切たいせつです。 教室きょうしつ授業じゅぎょうちゅうはなさないときはマスクをしません。やす時間じかんにはマスクをしますが、あつくなったらかならります。 医者いしゃは「必要ひつようなときにマスクをして、みずなどもよくむように、まわりの大人おとなをつけてください」とはなしています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore