新潟県にいがたけん神社じんじゃ あたらしいウイルスがなくなるようにおいの

Article header image

新潟県にいがたけん弥彦村やひこむらには有名ゆうめい弥彦やひこ神社じんじゃ温泉おんせんなどがあって、たくさんのひと観光かんこうます。 弥彦やひこ神社じんじゃでは2日ふつかあたらしいコロナウイルスがなくなるようにおいのりをしました。弥彦村やひこむら村長そんちょう旅館りょかんひとなど50にん出席しゅっせきしました。神社じんじゃ神主かんぬしがおいのりのことばをんでから、出席しゅっせきしたひとにおふだわたしました。 新潟県にいがたけんではウイルスがうつったひとが、2日ふつかまでに5にんつかっています。このためイベントが中止ちゅうしになったり、観光かんこうひとすくなくなったりしています。 観光協会かんこうきょうかいひとは「おおきな旅館りょかんでは2000にん普通ふつう旅館りょかんでも100にんから150にんぐらいのキャンセルがています。これからさくらなどはな季節きせつになるので、はやくウイルスがなくなって、たくさんのおきゃくさんにてほしいです」とはなしていました。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore