ウイルスがうつっていえにいるひとをオンラインで診察しんさつする

Article header image

東京都医師会とうきょうといしかい尾崎おざき会長かいちょうは13にち記者きしゃたちにはなしをしました。 尾崎おざき会長かいちょうは「日本中にほんじゅうでウイルスがうつったひとえていて、災害さいがいのようになっています。ワクチンをけることやいえ仕事しごとをすること、ウイルスがうつりにくい不織布ふしょくふのマスクをすることが大切たいせつです。病気びょうきがひどくなるひとおおい40さいから60さいぐらいのひととくをつけなければなりません」といました。 東京とうきょうには、ウイルスがうつっても入院にゅういんできなくて、いえやすんでいるひとがとてもたくさんいます。いえにいるひとからだ具合ぐあいは、保健所ほけんじょがチェックしています。 尾崎おざき会長かいちょうは「いろいろな医者いしゃ一緒いっしょに24時間じかんチェックできるようにします。いえにいるひと具合ぐあいわるくて、保健所ほけんじょ医者いしゃ診察しんさつ必要ひつようだとおもったとき、オンラインで医者いしゃ診察しんさつできるようにします」といました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore