インターネットで悪口わるくちいたひとはやくわかるようになる

Article header image

去年きょねん、プロレスの選手せんしゅをしていた木村きむらはなさんがくなりました。木村きむらさんはテレビの番組ばんぐみていたとき、インターネットのSNSに悪口わるくちかれて、なやんでいました。 このような悪口わるくちをなくすために、法律ほうりつえることになりました。 いままでは、悪口わるくちいたひとをさがすのに時間じかんがかかりました。SNSの会社かいしゃとインターネットの接続せつぞくをする会社かいしゃ両方りょうほうに、いたひとだれおしえてもらうための裁判さいばん必要ひつようだったからです。 あたらしい法律ほうりつでは、いたひとについておしえるかどうかを裁判所さいばんしょめます。そして、SNSの会社かいしゃとインターネットの接続せつぞくをする会社かいしゃ両方りょうほう裁判所さいばんしょ命令めいれいすることができるため、裁判さいばんはやくできるようになります。 木村きむらさんの母親ははおやは「悪口わるくちいたときのばつきびしくしたりして、これからも法律ほうりつえていってほしいとおもいます」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore