「できるだけはやにゅうがんの検査けんさをしてください」

Article header image

10がつは、にゅうがんをはやつけることが大切たいせつだとつたえる「ピンクリボン月間げっかん」です。 医者いしゃ片岡かたおか明美あけみさんは「むねにかたいところがあるとおもっているのに、新型しんがたコロナウイルスを心配しんぱいして病院びょういんくのがおそくなって、がんがわるくなってしまったひと最近さいきんえています」とはなしています。 日本にほんたいがん協会きょうかいによると、去年きょねんにゅうがんの検査けんさをしたひとは、おととしより30%すくなくなりました。今年ことしおおくのひとがコロナウイルスのワクチンをけたため、去年きょねんよりえています。しかし、コロナウイルスがひろがるまえおなじぐらいにはもどっていません。 にゅうがんの検査けんさ大切たいせつさをつたえているNPOは、レモンを使つかってにゅうがんについてることができる写真しゃしん紹介しょうかいしています。 片岡かたおかさんは、むねがおかしいとおもったら、できるだけはや病院びょういんってほしいとっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore