台湾たいわんのタンさん 日本にっぽん生徒せいとに「世界せかいえることができる」

Article header image

台湾たいわんでデジタルの仕事しごとをする閣僚かくりょうのオードリー・タンさんが21にち日本にっぽん中学生ちゅうがくせい高校生こうこうせいたちにオンラインで授業じゅぎょうをしました。1000にんぐらいの生徒せいとがスマートフォンでタンさんのはなしきました。 タンさんは、あたらしいコロナウイルスがひろがってマスクがりなくなったとき、マスクをっているみせをインターネットですぐにつけることができるシステムをつくりました。このシステムは世界せかい有名ゆうめいです。 タンさんは生徒せいとたちに「社会しゃかいでデジタル技術ぎじゅつ使つかうときにいちばん大切たいせつなことは、使つかひと意見いけんいて便利べんりにすることです。みなさんもインターネットなどで自分じぶん意見いけんいましょう」とはなしました。そして「みなさんは世界せかいえることができます。みなさんがアイデアをだれかにつたえたら、それがたくさんのひとひろがってあたらしい世界せかいつくります」といました。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore