あたらしい電気でんき自動車じどうしゃ はしりながら充電じゅうでんできるくるま研究けんきゅう

Article header image

地球ちきゅう環境かんきょうのために、電気でんきはしくるま研究けんきゅうをする大学だいがく会社がいしゃえています。東京大学とうきょうだいがくのグループは、はしりながら充電じゅうでんできるくるま研究けんきゅうをしています。磁気じきみちつくって、そのうえをコイルがついたくるまはしると、電気でんきができます。 磁気じきみちを30mはしると、350mはしることができる電気でんき充電じゅうでんできます。グループは、2023ねんから千葉県ちばけん柏市かしわしみち実験じっけんはじめて、2035ねんごろに使つかうことができるようにしたいとかんがえています。 グループのひとは「電気でんき自動車じどうしゃ電池でんちがなくなることを心配しんぱいするひとおおいので、はしりながら充電じゅうでんできたらとても便利べんりだとおもいます」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore