ショパン国際こくさいピアノコンクール 反田そりたさんが2ばん 小林こばやしさんが4ばん

Article header image

ポーランドのワルシャワでひらかれる「ショパン国際こくさいピアノコンクール」は、世界せかい有名ゆうめいな3つのピアノコンクールのうちの1つです。世界せかいでトップのピアニストになりたいひと目指めざすコンクールです。 このコンクールは5ねんに1かいひらかれて、今年ことしは18かいです。20日はつか最後さいごまでのこっていた12にん演奏えんそうわりました。そして、東京都とうきょうと出身しゅっしんで27さい反田そりた恭平きょうへいさんが2ばんに、山口県やまぐちけん出身しゅっしんで26さい小林こばやしあいさんが4ばんになりました。 2ばんになった反田そりたさんは「本当ほんとうしんじられません。12さいからこのステージでピアノをくことがゆめでした。最高さいこうでした」とはなしました。 このコンクールでは、世界せかい有名ゆうめいなスタニスラフ・ブーニンさんも優勝ゆうしょうしたことがあります。日本人にっぽんじんで2ばんは1970ねん内田うちだ光子みつこさんがなってからひさしぶりです。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore