「スペインかぜ」のあとのオリンピック ベルギーの大会たいかい紹介しょうかい

Article header image

1920ねんにベルギーのアントワープでオリンピックがありました。この大会たいかいまえ、「スペインかぜ」という病気びょうき世界せかい流行りゅうこうしました。アントワープのオリンピックは、「スペインかぜ」のあと、みんながまえいてすすむための大会たいかいになりました。 東京とうきょう日本にほんオリンピックミュージアムでは、この大会たいかい紹介しょうかいするイベントを2がつまでひらいています。 会場かいじょうでは、アントワープ大会たいかいからはじまったことを写真しゃしんなどで紹介しょうかいしています。開会かいかいしきでオリンピックのはたげることや、1人ひとり選手せんしゅがみんなのまえちかいの言葉ことばうことなどです。マラソンに金栗かなくり四三しそう選手せんしゅが、日本にっぽんははつまおくった手紙てがみなどをることもできます。 JOCの山下やました泰裕やすひろ会長かいちょうは「アントワープ大会たいかいのときといまはよくています。今年ことし東京とうきょう大会たいかいまえに、アントワープ大会たいかいからたくさんのことをまな必要ひつようがあります」とっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore