原爆げんばく健康けんこう被害ひがいひとたすけなければならない」

Article header image

1945ねん8がつ広島ひろしま原爆げんばくちたあと、放射線ほうしゃせん放射性物質ほうしゃせいぶっしつくろあめになってりました。あめびたひとたちが、健康けんこう被害ひがいたのでくにたすけてほしいと裁判所さいばんしょうったえていました。広島ひろしま高等裁判所こうとうさいばんしょ今月こんげつ14日じゅうよっかうったえたひとみんなを、法律ほうりつめた「被爆ひばくしゃ」とみとめるといました。 すが総理大臣そうりだいじんは26にち原爆げんばく被害ひがいけたひとのための法律ほうりつで、たすけなければならないとかんがえました」といました。そして、いちばんうえ裁判所さいばんしょうったえないことをめました。この裁判さいばんわることになります。 すが総理大臣そうりだいじんは、裁判所さいばんしょうったえたひとたちのように健康けんこう被害ひがいひとたすけることができるようにしたいとっています。政府せいふは、原爆げんばく被害ひがいたすけるひとについて、広島市ひろしまし広島県ひろしまけん、そして長崎市ながさきし長崎県ながさきけん一緒いっしょかんがえることにしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore