あたらしいコロナウイルス をつけること(6)

Article header image

もしあたらしいコロナウイルスがうつっても、病気びょうきがひどくならないように、いまできることがあります。 専門家せんもんかは「よくて、栄養えいようのバランスがいい食事しょくじをしてください。よくみずんで、からだ水分すいぶんりなくならないようにしてください」とっています。 そして「大勢おおぜいひとがいる場所ばしょにはかないでください。よくねむることができるように散歩さんぽ運動うんどうからだうごかすことも大切たいせつです」とっています。 部屋へやなかでは加湿器かしつきなどを使つかって、湿度しつどを50%から60%ぐらいにします。 からだ調子ちょうしをつけて、ウイルスにけないようにしましょう。 (1)あらかた (2)マスクの使つかかた (3)ウイルスがうつりやすいところ (4)ウイルスがうつったかもしれないとおもったとき (5)家族かぞくなかねつひとがいるとき (7)消毒しょうどく大切たいせつ (8)まどけてそと空気くうきれましょう (9)空気くうきながれがわるところかない (10)せきやくしゃみをするとき

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore