あたたかいとあたたかい

Article header image

「あたたかい」とくとき、「あたたかい」と「あたたかい」のとおりがあります。

あつし」のは、直接ちょくせつさわってあたたかいとかんじるときにつかいます。

あたたかいごはんがおいしすぎる。(ごはんをさわったらあたたかい)


あたたかいお風呂ふろであったまる。(みずはいったらあたたかい)


あたたかいもてなしをけた。(こころからだ一部いちぶかんがえて、こころれて、あたたかい)


あたたかい気持きもちになる。(うれしくなって、こころあたたかくなる)

あつし」のには、左側ひだりがわみずあらわすサンズイがはいっています。
これで、みずあたたかい、とおぼえましょう。


だん」の使つかうときは、さわれないけど、あたたかいとかんじるときにつかいます。

今日きょうはとてもあたたかいだ。(気温きおんがあたたかい)


あたたかいふくてきた。(ふくからだあたたまる)


今日きょうふところあたたかい。(おかねがじゅうぶんにあるという意味いみ

だん」の左側ひだりがわ太陽たいようあらわというはいっています。

これで、太陽たいようあたたかい、とおぼえましょう。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore