緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん うつるひと十分じゅうぶんらすことが必要ひつよう

Article header image

京都きょうと大学だいがく西浦にしうらひろし教授きょうじゅは、東京都とうきょうとでこれからあたらしいコロナウイルスがうつるひとがどのようにわるか計算けいさんしました。 教授きょうじゅによると、東京都とうきょうとでは12がつ下旬げじゅんに、病気びょうきになった1人ひとりから平均へいきんで1.1にんにウイルスがうつっていました。 緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん平均へいきんで0.88にんると、あたらしくうつるひとは2がつ24日にじゅうよっか、1にちに500にんよりすくなくなります。しかし、このときに宣言せんげんをやめると、またえて、4がつ14日じゅうよっかに1000にんよりおおくなります。 去年きょねん緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんのときは、1人ひとりからうつるひと平均へいきんで0.72にんでした。この場合ばあい計算けいさんすると、2がつ25にちに100にんよりすくなくなります。このときに宣言せんげんをやめても、7がつ中旬ちゅうじゅんまで1000にんよりおおくなりません。 西浦にしうら教授きょうじゅは「最初さいしょ十分じゅうぶんらしたほうが、すくない期間きかんながつづきます。宣言せんげんをやめるときはよくかんがえる必要ひつようがあります」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore