ウイルスが心配しんぱいいま 災害さいがい避難所ひなんじょ場合ばあいをつけること

Article header image

地震じしん大雨おおあめなどの災害さいがいいえにいることができない場合ばあいまちなどがめた「避難所ひなんじょ」にきます。あたらしいコロナウイルスがひろがっているいま、もし災害さいがいがあって避難所ひなんじょ場合ばあいつぎのことにをつけるように専門家せんもんかっています。 避難所ひなんじょには、マスクかタオル、消毒しょうどくするもの体温計たいおんけいっていきます。 避難所ひなんじょはいまえに、ウイルスがうつっていないかどうか、ねつやせきなどからだ具合ぐあいをチェックします。 避難所ひなんじょでは、ウイルスがうつらないように、ほかのひと背中せなかけてすわったり、だんボールでかべをつくったりします。食事しょくじまえや、トイレにったあと、ドアやすりにさわったあとは、かならあらいます。 毎日まいにちからだ具合ぐあいをチェックして、具合ぐあいわるくなった場合ばあいは、避難所ひなんじょひとらせます。 災害さいがいはいつあるかわかりません。避難ひなんについてもかんがえておきましょう。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore