将棋しょうぎ世界せかい

Article header image

将棋しょうぎは、二人ふたりおこなうチェスのようなゲームです。必要ひつようなものは、将棋しょうぎばんばれるボードと、こまです。将棋しょうぎは、8種類しゅるいこまかく20まい使つかって勝負しょうぶをします。
将棋しょうぎには、いろいろ々とマナーがあります。

1.「ったなし」
こまうごかして、そのこまからはなしたら、もう一度いちどうごかしてはいけません。その行為こういを「った」といいます。
2.はじめとわりのあいさつ
はじめるまえには、かならず、「おねがいします」とれいをします。そして、これ以上いじょうこまうごかせない、てない、とおもったら、けをみとめなければいけません。「けました」「まいりました」とってゲームをわります。
3.おしゃべり、食事しょくじ禁止きんし
ゲームちゅうにおしゃべりや食事しょくじはしてはいけません。

ほかにもいろいろ々とマナーがあります。
最近さいきんは「藤井ふじい聡太そうた」さんという、わか選手せんしゅ注目ちゅうもくされています。藤井ふじい選手せんしゅ最年少さいねんしょう将棋しょうぎのプロになりました。
いまもどんどんすすんでいて、さまざま々な試合しあい最年少さいねんしょう記録きろく更新こうしんしています。
かれ影響えいきょう将棋しょうぎはじめたひとおおいそうです。
チェスとおなじように、とても集中しゅうちゅうりょく必要ひつようなゲームなので、のう運動うんどうにもいいとたのしむ年配ねんぱいひとおおいです。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore