「ひきこもり」のひとくなったひと去年きょねん72にんいた

Article header image

「ひきこもり」は、仕事しごと学校がっこうかないで、家族かぞく以外いがいひとうことやはなすことがほとんどなくて、6かげつ以上いじょうつづけていえにいることです。NHKはひきこもりのひとたすける 団体だんたい質問しつもんして、1022の団体だんたいこたえました。 ひきこもりのひとくなったひとは、去年きょねん72にんいました。このなかやく70%は40さいから64さい男性だんせいでした。病気びょうきだったひとやく40%、自殺じさつしたひとやく30%でした。ものがないことや熱中症ねっちゅうしょう原因げんいんくなったひともいました。 くなったひとたすけようとしていたときに、なにむずかしかったか団体だんたいひときました。「ひきこもりのひとがほかのひとたすけてもらう必要ひつようはないとかんがえていたこと」とやく70%のひとこたえました。 専門家せんもんかは「ながあいだ1人ひとりでいると、自分じぶんいのち大切たいせつにする気持きもちがなくなってあぶないです。どうやってたすけたらいいか、はな必要ひつようがあります」とはなしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore