福島県ふくしまけん双葉ふたばまち いえもどって生活せいかつするための準備じゅんびはじまる

Article header image
福島第一原子力発電所ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょがある双葉ふたばまちは、2011ねん原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこのあと、いまもほとんどの場所ばしょひと生活せいかつすることができません。まちひと全部ぜんぶまちそと避難ひなんして生活せいかつしているのは双葉ふたばまちだけです。 まち今年ことしの6がつからまちひとたちがむことができるようにする予定よていです。20日はつかからは、まちひと準備じゅんびをするために自分じぶんいえまることができるようになりました。まちでは、いえ水道すいどう使つかうための作業さぎょうなどをしています。 まることができるようになったのは、JR双葉ふたばえきまわりなどまちの15%の場所ばしょです。この場所ばしょでは、事故じこ放射線ほうしゃせんすくなくしたりするためにいままでに900ぐらいの建物たてものこわされました。19にちまでにいえまるとったのは、まち住民票じゅうみんひょうがある3600にんぐらいのなかで15にんだけでした。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore