コロナでなつのおまつりが中止ちゅうし いえなかく「げた」をつく

Article header image
群馬県ぐんまけん沼田市ぬまたしではむかしから、なつのおまつりや花火はなびくときにく「げた」をつくっています。 今年ことしは、あたらしいコロナウイルスがひろがって、なつのおまつりや花火はなびがたくさん中止ちゅうしになっています。このため、げたの注文ちゅうもん去年きょねんより80%すくなくなりました。 沼田市ぬまたしにあるげたの工場こうじょうは、いえ仕事しごとをするひとなどのために、いえなかくげたをつくりました。げたのそこにはゴムがってあります。 かかとがわみじかいげたもつくりました。このげたをくと、いすにすわっていても、あしのふくらはぎをばす運動うんどうができます。 工場こうじょうひとは「げたにはきれいなかみりました。このげたをいて、すこしでもあかるい気分きぶんになってほしいです」とはなしています。
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore