遊園地ゆうえんちのハウステンボス 派遣はけん社員しゃいん契約けいやく途中とちゅうでやめる

Article header image

長崎県ながさきけん佐世保市させぼしにある遊園地ゆうえんちのハウステンボスは、あたらしいコロナウイルスがひろがらないように、2がつわりから2週間しゅうかんぐらいやすみました。 ハウステンボスは、3がつ16にちから建物たてものそとなどではあそぶことができるようにしました。しかし、仕事しごとすくなくなったという理由りゆうで、派遣はけん社員しゃいん契約けいやく途中とちゅうでやめていました。このように突然とつぜん契約けいやくわったひとなんじゅうにんもいます。4がつ中旬ちゅうじゅんまではたら契約けいやくだった男性だんせいは、仕事しごと紹介しょうかいしてもらった会社かいしゃから3がつ16にち電話でんわで「今日きょう契約けいやくわります。んでいるりょうも3がつわりまでにてください」とわれたとはなしています。 はたらひと問題もんだいについての専門家せんもんかは「世界せかい経済けいざいわるくなった2008ねんのリーマンショックのときも、仕事しごと一緒いっしょところがなくなったひとがいました。いまおなじことがこっているとおもいます」とはなしています。 ハウステンボスは、4がつ6日むいかから30にちまでまたやすむことをめました。

To article list Next article ›
 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore