病気びょうきどもの不安ふあんすくなくする「ファシリティドッグ」

Article header image

「ファシリティドッグ」は、病院びょういん入院にゅういんしているひとのストレスや不安ふあんすくなくするために活動かつどうするいぬです。 東京とうきょう国立成育医療研究こくりつせいいくいりょうけんきゅうセンターには、がんなどおも病気びょうきどもが入院にゅういんしています。7がつから、ファシリティドッグの「マサ」がこの病院びょういん活動かつどうはじめました。 マサは2さいおすのラブラドール・レトリーバーで、どもとあそんだりなかよくしたりする特別とくべつ訓練くんれんけました。どもにわれたとおりに、かくしたおもちゃをさがしたり、まえあしどものひざのうえいたりすることができます。平日へいじつ毎日まいにち病院びょういんって、病気びょうきどもたちと一緒いっしょにいます。 マサの世話せわをしているNPOによると、日本にっぽんでは5ひきのファシリティドッグが病院びょういん活動かつどうしています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore