緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん こころからだ元気げんきにするためにそとることも大切たいせつ

Article header image

東京とうきょう大阪おおさかなどにあたらしいコロナウイルスの緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんています。くになどは、かけるのは生活せいかつ必要ひつよう用事ようじがあるときだけにするようにっています。しかし、こころからだ元気げんきにするために、ウイルスにをつけてそとることも必要ひつようだとっています。 どのような生活せいかつをすればいいか、大東文化大学だいとうぶんかだいがく中島なかしま一敏かずとし教授きょうじゅきました。 中島なかしま教授きょうじゅは「こころからだのために、そとることも大切たいせつです。ひとあつまらないようにをつけて、近所きんじょ散歩さんぽやジョギング、テニスなどの運動うんどうをしてください」とはなしています。そして、「ひとわないようにすると、まわりのひととのコミュニケーションがりなくなります。とおくに家族かぞくなどとは、特別とくべつ用事ようじがなくても電話でんわなどではなすようにしましょう」とはなしていました。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore