硫黄島いおうとうみなみ うみなか火山かざん噴火ふんかしてあたらしいしまができた

Article header image

小笠原諸島おがさわらしょとう硫黄島いおうとうからみなみに50kmのうみなかに、福徳岡ノ場ふくとくおかのばという火山かざんがあります。 気象庁きしょうちょうによると、この火山かざんで13にちおおきな噴火ふんかがありました。噴火ふんかけむりうみから1まん6000mのたかさまでがりました。海上保安庁かいじょうほあんちょうが15にち調しらべると、噴火ふんかしたところにしまができていました。Uののようなかたちをしていて、直径ちょっけいは1kmぐらいです。 気象庁きしょうちょうによると、この場所ばしょには1986ねんにもしまができました。しかし、なみたったりして、しまは2かげつぐらいでなくなりました。 この火山かざんでは噴火ふんかつづいています。このため気象庁きしょうちょうは、ちかくをとおふね飛行機ひこうきに、噴火ふんかんでくるおおきないしやガスなどにをつけるようにっています。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore