東京とうきょうオリンピックの聖火せいかリレーが福島県ふくしまけんからはじまる

Article header image

東京とうきょうオリンピックの目標もくひょうの1つは、10ねんまえ東日本大震災ひがしにほんだいしんさいがあったところ元気げんきになってきた様子ようすを、世界せかいつたえることです。 このため、聖火せいかリレーは震災しんさいおおきな被害ひがいがあった福島県ふくしまけんからはじまります。出発しゅっぱつしきは、25にち午前ごぜんから、福島県ふくしまけんにあるサッカーの練習れんしゅう場所ばしょのJヴィレッジでありました。 しきでは組織委員会そしきいいんかい橋本はしもと会長かいちょうが「いままでの1ねんあたらしいコロナウイルスがひろがって世界中せかいじゅう大変たいへんでしたが、聖火せいか今日きょう出発しゅっぱつっていました。聖火せいかくらなかひかりになって、希望きぼうをリレーしていきます。7がつ23にちおおきなひかりになって東京とうきょう国立競技場こくりつきょうぎじょうとどくことをいのります」といました。 そして、さくらをデザインしたトーチに聖火せいかをつけて、10ねんまえ女子じょしサッカーのワールドカップで優勝ゆうしょうしたチームの16にん最初さいしょはしはじめました。 聖火せいかリレーはやくまんにん参加さんかして、121にちかん全部ぜんぶ都道府県とどうふけんをまわります。

 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore