7年間ねんかん果物くだものしかべないひと

Article header image

7年間ねんかん果物くだものしかべないひとが、最近さいきん話題わだいになっています。

フルーツ研究けんきゅう中野なかの瑞樹みずきさんです。

ごはんひとつぶも、パンひとかけらもおにくさかなも、みずもおちゃもおさけ一滴いってきくちにしていないのです。

中野なかのさんは果物くだものだけをべたつづけた結果けっか人間にんげんからだにどういう反応はんのうきるのかをみずからを実験じっけんだいにしていどんでいるのです。

中野なかのさんは、東京大学とうきょうだいがく教授きょうじゅをしていました。そのとき『FIT FOR LIFE』というほん出合であったのです。

そのほんなかに、そのなかに「フルーツは完全かんぜんしょくである」とかれてあったそうです。

中野なかのさんは、学生がくせいころ砂漠さばく緑化りょくか研究けんきゅうしていました。

そのとき、「ボランティアや研究けんきゅうのレベルでは砂漠さばく森林しんりん破壊はかいのスピード がはやすぎていつかない。」とかんじていました。

このほん出合であったときに、「たくさんのひと果物くだものだけをべる」→「農家のうかがたくさんの果物くだものつくる」→「世界せかい植物しょくぶつえる」→「砂漠さばくまる」とかんがえたそうです。

そこで自分じぶんで、果物くだものだけをつづけても健康けんこうきていけることを証明しょうめいしようとおもったのだそうです。

中野なかのさんは、いちにち3しょくはんべるのではなく、おなかったりのどかわいたら果物くだものべる、という食生活しょくせいかつおくっています。

果物くだものだけをはじめて、とてもやせたそうです。

ふゆは、なつよりも体重たいじゅうって、172㎝ある身長しんちょうで、45kgまで体重たいじゅうちてしまったそうです。

なので、ふゆはフルーツだけでなく、ナッツるいなどもべないとやせすぎてしまうそうです。

ただ、それ以外いがい体調たいちょう異常いじょうはなく、とても健康けんこうたいだそうです。


 
Download JReader from Google Play
Download JReader from Appstore